----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0405

HAKUSAN HOLIDAY WEEK 2012  

波佐見の白山陶器がゴールデンウィークに合わせてイベントを開催するそうです。
毎年楽しみな波佐見の陶器市。
その中でも私たち夫婦のお気に入りは白山陶器です。
HAKUSAN HOLIDAY WEEK 2012

HAKUSAN HOLIDAY WEEK 2012 のご案内 ‐とりのモチーフ展‐

2012年4月28日(土)~5月6日(日)
HAKUSAN SHOP2店舗同時開催(HAKUSAN SHOP

気になるイベントの中身は、白山陶器の商品群の中でも人気の「とりのモチーフ」を特集するそうです。
すでに我が家には何羽か生息しておりますが、今年も仲間が増えそうです。
あくまでも妻が飼っていますが。

とにもかくにも、ゴールデンウィークが待ち遠しいですね。
スポンサーサイト

Posted on 2012/04/05 Thu. 22:38 [edit]

CM: 0
TB: 0

0328

美人時計(bijin-tokei)と美男時計 (binan-tokei)  

日本の美人女性1440枚の写真が1分間毎に変わっていきます。



他にも、美男時計やギャル時計、美人時計(韓国版や香港版)なんかがある模様・・・。



Posted on 2010/03/28 Sun. 22:26 [edit]

CM: 0
TB: 0

0919

人生最強の名言 (1)  

サービスは「100-1=0」。ブランドは10秒で崩れる。
藤居寛(帝国ホテル元会長)

「これは帝国ホテルのサービスの教訓としている“算式”です。」
「100-1=99ではなくて0。100年以上かけて築き上げたブランド価値も、
たった10秒で失われてしまうことがある。」
帝国ホテル元会長の藤居寛(ふじいひろし)氏の考えです。

お客様が帝国ホテルに求めるサービスのレベルが高いだけに、従業員の
些細なミスがクレームにつながります。

100-1は99ではなくて0になってしまう。
100年以上かけて築き上げてきたブランド価値もたった10秒で失われてしまうことがある。
どんな大きな組織も一人一人の人間の力で支えられている。

お客様との一期一会を大切にし、一生懸命顧客サービスに取り組んで行かなければ
いけませんね。

Posted on 2009/09/19 Sat. 22:04 [edit]

CM: 0
TB: 0

0806

ダビスタP その3 馬券で稼ぐ  

ちょこちょこフェブラリーSの馬券で資金を増やしましたが、
全く当たる気配が無い場合もあります。

そんな時・・・
何気なくフェブラリーSと同じ週のレースである京都記念で
同様に内枠6頭に賭けてみたら・・・
意外とこちらも簡単に当たるような気がします。
同じ京都2200のエリザベス女王杯でも同様に高確率。

意外といいかも?

Posted on 2006/08/06 Sun. 20:25 [edit]

CM: 0
TB: 0

0806

Xファイル DVDコレクション その2  


去年の2月からずっと購入し続けている
デアゴスティーニ「隔週刊 Xファイル DVDコレクション」

全49巻中、38巻まで発売中。
いよいよシーズン7に突入し、残るシーズンは2シーズン。
これからの展開が気になるところです。

<Xファイルとは?>
アメリカ連邦捜査局(FBI)に保管されている、常識では考えられない
事件のレポート“X-ファイル”。
地球外生命体の存在。 
それをひた隠す謎の政府系組織…。
ミステリアスな未解決事件を2人(モルダー&スカリー)のFBI捜査官
が再調査し、解明に挑む大ヒットサスペンスミステリードラマ。

「Xファイル」には2種類のエピソードがあります。
1つは "Mythology" と呼ばれる、いわば続きドラマで、様々な未解決
の謎が渦巻いています。いわゆるこのドラマの根幹です。
UFOや宇宙人、政府や秘密結社等の陰謀、そしてモルダーとスカリー
自身や、彼らの家族の過去に関わってくる話です。
ひとつの謎が解けたと思ったら、また別の謎が・・・、陰謀が・・・という
サスペンスミステリーが非常に魅力です。

一方、"Stand-Alone" エピソードは、その名のとおり、一話完結の話
で、モンスターや幽霊、怪奇現象が中心です。
ホラータッチのもあれば、SFタッチのもあり、また時にはコメディタッチ
のエピソードが盛り沢山です。
これまでに登場したキャラクターには、たとえば吸血鬼、狼男、半魚人、
不死身男、悪魔の化身、超能力少年などなど、さまざまです。

個人的な感想ですが・・・
シーズンを重ねるごとに複雑な謎解きになり、登場人物増えすぎ!
※過去に登場した人物をガイドブックでいつも確認です・・・。

謎が大掛かりになりすぎ!しかも、いきなり謎が解決される!

初期シーズンの頃のように、シンプルな設定が好きです。

Posted on 2006/08/06 Sun. 17:05 [edit]

CM: 0
TB: 0

カウンター

プロフィール

カレンダー

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

RSSフィード

BlogPeople

booklog

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。